うつ病かどうかをチェック│うつ病が多い年代と推移

うつ病かどうかチェック

婦人

自分がうつ病かどうかをチェックすることは難しいです。というのも、現代のうつ病は多様化しているので、種類によっては症状も異なります。そのため、医師ですら診断ミスをすることがあるくらいです。

Read More

色々な治療方法

相談

うつ病を改善するためには、電気けいれん療法や経頭蓋磁気刺激治療法、精神療法などを用いなければいけません。中には少し不快に思うような治療法も存在します。もし気になる場合は一度チェックしてみましょう。

Read More

再発のリスク

悩む人

うつ病には再発というリスクが付きまといます。ちなみにうつ病は再発しやすい傾向にあるので、気をつけなければいけません。ちゃんと再発しないための方法をチェックしておき、対策方法も考えておきましょう。

Read More

うつ病の統計データ

医者

厚生労働省は3年毎にうつ病患者数の推移をチェックしてデータとして残しています。この統計データを見る限りだと、うつ病患者数は確実に増えていることが分かります。1996年のデータと2014年のデータを見ると、うつ病患者数は2倍以上も増加しており、いっこうに減る様子を見せません。うつ病の治療には1年かかることも稀ではありません。むしろ普通くらいの長さです。遅くなるパターンだと2年3年とかかってしまうこともあります。治療に時間がかかるパターンは大抵再発が絡んでいるのでどうしてもこのくらい治療に時間がかかってしまうのです。ですから、うつ病患者数のグラフを見ても減少するパターンを見ることは難しいでしょう。ちなみに、うつ病になる人の中で特に多いのは女性です。女性は男性よりも1.5倍程うつ病になりやすいとされています。ですから、女性は自分がうつ病でないかどうかちゃんとチェックしておきましょう。うつ病患者の推移を表すグラフでは年齢別のものも存在します。うつ病になりやすい年齢は40代に一番多いです。これは男女共に同じでそれ以降の年代の人からは減少傾向にあります。特に男性は女性と比べて圧倒的に少ない傾向にあるのです。女性と比べていかに男性がうつ病になりにくいかがうかがえるグラフとなっています。男性は女性と比べて楽観的に物事を考える傾向にあるため、ストレスを受ける割合も女性と比べ少なめです。ですから、ストレス耐性が特別強いというよりも、ストレスを受けにくいような考え方や性格になりやすい傾向にあるといった方が良いでしょう。女性もあまり考えすぎないような性格や考え方をするようになればうつ病にかかりにくくなるはずです。

うつ病への理解度を深める

葉っぱ

身近な人がうつ病になるケースは珍しいことではありません。もし身近な人がうつ病になったらまずは、うつ病に関して細かくチェックすることから始めてみましょう。そうすることで、うつ病への理解度も深まるため、正しい方法で上手く接することができます。

Read More

放置してはいけない

ドクター

うつ病を長期的に放置すると症状が悪化していき、終いには重症化してしまいます。重症化すると、思考パターンが健全な人とは大きく異なるため、異常な行動を起こすこともあるのです。そうならないためにも早めに病院へ行き、チェックしてもらって治療を始めましょう。

Read More

Back to Top