うつ病かどうかをチェック│うつ病が多い年代と推移

色々な治療方法

相談

うつ病という問題を解決するためには治療をする必要があります。その治療というのは、電気けいれん療法や認知療法などです。ちなみに電気けいれん療法というのは、うつ病患者の頭に電気、磁気を当ててうつ病を改善するというものです。この治療方法を利用すると、色々な副作用が起きます。特に記憶障害は厄介な副作用といえるでしょう。また、この治療を受ける際は入院もしなければいけません。もちろんそれなりの効果はあるので興味のある人はチェックしてみましょう。この電気けいれん療法以外にも、経頭蓋磁気刺激治療法があります。これは、磁気を頭部に当ててうつ病を改善へと導く治療方法です。この磁気を脳に当てると、脳が活性化されるとされています。活性化した結果として得られる効果が、好奇心や意欲が湧いてくることや意思決定ができること、不安感がなくなることなどです。徐々に回復していくのでうつ病の人にとっては夢のような治療法といえるでしょう。この経頭蓋磁気刺激治療法を行なう際は、神経と筋肉に一定の刺激を与えます。この刺激によって多少痛いです。また、不快な感覚を味わうことになりますが、軽い痛みや不快感であるためそこまで気にはなりません。この治療法による問題はこれだけなので、あとは特に問題もありません。
治療する際には機器以外を用いた手法も使われます。それは精神療法です。これは心理学を用いた治療方法といえるでしょう。日本はアメリカのようにまだうつ病治療に遅れをとっている状態です。アメリカはうつ病治療の先進国でこの精神療法を用いた治療はだいぶ前から行なっていました。また、それと同時に抗うつ剤を併用して治療を進めているのです。もちろん現在では日本でもアメリカ治療方法に倣って最先端な治療法を用いてうつ病改善を行ないます。この認知行動療法では、いかに患者に気づかせ悟らせるかがポイントとなります。ですから、患者が自分自身をチェックすることを繰り返す作業になるのです。自分の考えはおかしいのかをチェックしたり、考え方が極端なのかチェックしたりと様々な問題と向き合い、それを認め改善を図る作業です。うつ病になる人の多くはすでに気持ちで負けてしまっている傾向にあるので、考え方を改善させてタフな精神力を持たせることが大切です。

Back to Top