うつ病かどうかをチェック│うつ病が多い年代と推移

再発のリスク

悩む人

うつ病を治すのに1年かかるケースがよくあります。1年頑張ってようやくうつ病を改善して日常生活を送れる程にまで戻れたとしても、何かきっかけがあれば、また振り出しに戻ることがあります。つまり再発するということです。うつ病は再発しやすい病気とされており、どれだけ症状が改善しても簡単に再発するといわれています。ですから、うつ病治療を行う際は、再発しないように注意を払わなければいけません。うつ病を再発させないためには、うつ病に関して詳しくチェックする必要があります。うつ病に詳しくなれば、どのようなことが原因で再発する恐れがあるのかということを知ることができるのでその問題点をチェックしておき、再発しないように対策することが可能です。また、チェックするべきポイントとしては、自分自身があります。外的要因があまりにも強すぎる場合は自分の性格に問題があったという可能性は低くなりますが、そうでない場合は自分のことをよく知るようにしましょう。
まずは、自分で自分を追い込む傾向があるかどうかをチェックです。とことん自分を追い込んで仕事をこなそうとすることや、ちょっとした失敗でもすべて自分に責任があると思うなどチェックすべき点は沢山あります。もし責任感が強いのであれば、治療をする際はそれは邪魔なものといえます。責任感が強いということは良いこととされていますが、自分が壊れてしまうほどであればそれは周囲に迷惑をかける行為に繋がるため、悪いことともいえるでしょう。適当というも概念にも似たようなことがいえます。何でも程よさが大切なのです。時には、責任を他人に押し付けるのも必要といえます。ちゃんと責任の所在をハッキリさせ、自分が悪くなければそれは間違いないのです。もし、自分が悪い場合は、他の人にも責任があると考えましょう。このような考え方を上手く利用することで、今後きっと再発防止に役立つはずです。うつ病は精神的に過度な負担を受けることで発症する病気といえます。これはつまり、今まで自分の精神に負担をかけすぎたと考えることができます。ですから、今度はもう少し適当に生きることが求められてきます。もちろん程よいくらいの適当さです。極端には考えないように気をつけて、ほどよく要領よく生きることを考えていれば再発のリスクもきっと下がることでしょう。

Back to Top